オルビス・クリアローションはニキビに効く?全成分の効能

オルビス・クリアローション オルビス・クリアローションとは、化粧品メーカーのオルビス社のニキビ・肌荒れ予防を目的とした医薬部外品の化粧水です。オルビス社は肌に負担をかけないシンプルな成分で作られた基礎化粧品で有名なメーカーで、クリアローションにおいても弱酸性、無油分、無着色料、無香料などを徹底して商品化されています。

クリアローションは、「さっぱりタイプ(L)」と「しっとりタイプ(M)」の2種類があり、肌質によってどちらかを選ぶことができます。

オルビス・クリアローションの全成分

有効成分の効果・効能

  • グリチルリチン酸2k(グリチルリチン酸ジカリウム)・・・甘草の根や茎から抽出される成分。消炎・抗炎症作用があり、ニキビケアや肌荒れ防止目的の化粧品に幅広く配合されます。
  • レイシエキス・・・マンネンタケというキノコから抽出したエキス。消炎効果、保湿効果、皮膚賦活作用などがあります。
  • クララエキス-1・・・植物クララから抽出されるエキス。保湿、抗菌、収れん作用などがあり、ニキビや肌荒れを防ぐ。
  • 人参エキス・・・保湿効果や血行促進作用がある成分。肌荒れ予防やエイジングケア目的の化粧品に配合されます。
  • ヨクイニンエキス・・・ハトムギの実から抽出された成分。保湿効果、消炎効果があり、肌荒れやニキビケア化粧品に配合される。

その他の成分

  • エタノール・・・アルコール。収れん効果や品質安定目的で配合。
  • ポリグルコシルオキシエチルメタクリレート液・・・水分同士の結合力を高めることで、保湿効果をもたらします。
  • ベタイン・・・アミノ酸系保湿成分。浸透性に優れ、保湿効果の高い化粧水や乳液などに配合されます。
  • グリコシルトレハロース・水添デンプン分解物混合溶液・・・保湿作用、消炎作用がある成分。
  • ソルビトール発酵多糖液・・・精製したブドウ糖を合成した成分。水に溶けやすく、保湿作用にも優れています。
  • BG(1,3-ブチレングリコール)・・・水分を吸収する働きがあり、保湿効果がある成分。
  • グリセリン・・・吸湿性が高く保湿成分として化粧品に多用される成分。
  • PEG20・・・製品の安定、被膜形成の調整、品質向上などの目的で配合される成分。
  • メントール・・・収れん、鎮静効果がある成分。肌を引き締め、清涼感を向上させる目的で配合されます。
  • クエン酸Na・・・pH調整、金属イオンの沈殿防止、保湿作用などの効果があります。
  • クエン酸・・・pH調整、品質安定目的で配合されます。
  • メチルパラベン・・・防腐剤。

クリアローションには、「さっぱりタイプ(L)」と、「しっとりタイプ(M)」の2種類がありますが、さっぱりタイプではエタノールの配合量が多く、しっとりタイプではBG、グリセリン、PEG20などの成分がより多く配合されています。また、クリアローションにはやや臭いがありますが、それは有効成分のグリチルリチン酸2Kによるものとされます。

オルビス・クリアローションの長所

無香料、無着色

オルビスは、肌に不要なものは配合しないことに重点を置いています。そのため、香料や着色料などはもちろん配合されていません。人によってはまれに香料や着色料でかぶれ、アレルギーを起こすこともありますが、オルビスの基礎化粧品ではそういった心配がありません。

弱酸性

健康的な肌は弱酸性で保たれていることから、オルビスの基礎化粧品においても弱酸性で作られています。化粧水に配合されるクエン酸の酸度によって調整されます。

ノンコメドジェニック処方

オルビスのクリアローションは「ノンコメドジェニック処方」で作られています。ノンコメドジェニック処方とは、コメド(ニキビ)を誘発する可能性がある成分を省いて作られた化粧品をいいます。一般に、ニキビの原因菌であるアクネ菌のエサとなる成分や、角化異常を起こす脂肪酸などの油脂成分(例えばオレイン酸など)を配合せずに構成されているものをいいます。ただし、ノンコメドジェニックテスト済みの化粧水でもニキビが完全に予防できるものではありません。

評判・口コミ

オルビス・クリアローションの評判を@コスメや2ch、Amazonなどから要約してまとめました。
【Amazon】クリアローション

ポジティブな口コミ

  • 劇的な効果はなかったけどクリアローションを使い続けるとニキビが減ってきた。ニキビ跡の赤みも消えてきた。
  • 清涼感があるから皮脂が多い時に使うと皮脂テカリが抑えられてるように思える。
  • 開いた毛穴がクリアローションで小さくなってきた。鼻や頬の皮脂つまりが少なくなってきた。
  • 皮脂が多い夏はさっぱりタイプ、冬はしっとりタイプというように使い分けてる。夏にさっぱりタイプを使うと気持ちいい!
  • 容器(ボトル)が軽くて倒れにくく使いやすい。値段も1500円ほどと安く、長く使える。シリーズでも使いやすい。

ネガティブな口コミ

  • クリアローションはさっぱりタイプはアルコールが多い感じがして乾燥肌の私にはダメだった。しっとりタイプはアルコールは少なく使いやすかった。
  • しっとりタイプでも潤いが足りなかった。クリアローションシリーズはティーン向けの化粧品だと思う。
  • クリアローションでニキビが悪化するといったことはなかったが、ニキビが減ったということもなかった。
  • アルコール(エタノール)で肌荒れする人はクリアローションは使わないほうがいい。
  • 私の肌に合わなかったのか水っぽいイメージ。肌に馴染まない。