フォトフェイシャル(IPL)のニキビ跡「赤み・色素沈着」改善効果とは?

フォトフェイシャル フォトフェイシャルとは、アメリカのルミナス社が開発したIPL(Intense Pulsed Light:インテンス・パルス・ライト)という幅広い波長をもった特殊な光を用いた光治療です。

幅広い波長をもち、「560nmヘッド」、「590nmヘッド」、「640nmヘッド」の3種類のヘッド(光を発する部分)を肌の症状に合わせて組み合わせて肌に照射することで、メラニン性のシミ、ニキビによる色素沈着、そばかす、顔の赤み(赤ら顔)、毛細血管拡張などの改善に導きます。

「フォトフェイシャル」という名称は、アメリカの医療レーザー機器開発メーカーのルミナス社のNatuLight(ナチュライト)という光治療器を使った治療名をいい、「フォトフェイシャル」という治療を行っている場合はルミナス社の治療機器を使用しています。他のメーカーが開発したIPL(インテンス・パルス・ライト)を使った治療は単に「IPL治療」や「光治療」といわれます。

フォトフェイシャルの波長域

フォトフェイシャル(IPL)の波長域は560~1200nm(ナノメートル)で、メラニンのような黒い色素や、皮膚の赤みなどの赤い色素にも吸収されやすい560~640nmのエネルギーが特に強いのが特長です。

フォトフェイシャルの光の性質を示す画像

例えば、茶色いシミ治療では(Qスイッチ)ルビーレーザー(波長694nm)やアレキサンドライトレーザー(755nm)、赤ら顔治療ではダイレーザー(波長585nm)といったように、皮膚の症状に合わせてレーザーを使い分ける必要がありましたが、IPLの場合は表皮に存在するメラニン色素などの黒い部分(シミ・色素沈着)や血管内に存在するヘモグロビンなどの赤い部分(皮膚の赤み)のどちらにも反応する幅広い波長域をもつため、様々な肌トラブルを同時に解消していくことができるのです。

効果と治療内容について

フォトフェイシャル(IPL)の効果・効能

  • IPLの黒く濃い色に吸収される波長により、シミ、そばかす、にきび跡の炎症後色素沈着、毛穴の黒ずみに効果がある。
  • IPLの赤い色に吸収される波長により、赤ら顔、毛細血管拡張、にきび跡の赤みなどに効果がある。
  • 光が真皮層に到達し、線維芽細胞の活性化させてコラーゲン増生を促す。(ただし、ニキビ跡の凹み・クレーターを劇的に改善するような作用は期待できません)。
  • 皮膚を引き締めて毛穴の開きを解消し、皮膚のキメを整える。
  • 皮脂腺に作用して、皮脂分泌を抑制する。(効果には個人差があり、持続効果は数日~数週間程度が目安です)。
  • 比較的、穏やかな治療であるためダウンタイムがほとんどなく、日常生活に影響することはない。

適応症状

  • しみ、そばかす、毛穴の黒ずみ、ニキビ跡などの炎症後色素沈着、皮膚の黒ずみ、皮膚のくすみ。
  • 赤ら顔、毛細血管拡張、ニキビ痕の皮膚の赤み。
  • 浅いしわ、小じわ。(深い皺や皮膚のたるみを改善するようなエネルギーはありません)。
  • キメの乱れ、毛穴の開き、毛穴のたるみ。
  • 肌老化、若返り、エイジングケア。

治療内容

IPL・フォトフェイシャルの画像 Step1カウンセリングをして肌状態を診断する。
Step2施術前に洗顔、お化粧によって汚れをしっかり落とす。ここでメイク汚れが残っているとしっかりと効果を得られないことがあります。
Step3シールド、ゴーグルなどを装着して目を保護する。
Step4目的の部位にIPLを照射していく。痛みはゴムで軽く弾かれた程度で、麻酔なしでも我慢できるレベルです。(照射前に皮膚をアイスパックなどで冷やすと痛みが和らぎます)。
Step5照射が終わったら、ほてった皮膚を冷却剤などで冷やしてクールダウンさせる。
Step6施術後はお化粧をして帰宅することができます。ただし、あまり肌に負担をかけないほうが理想です。
Step7治療後は必ず紫外線対策をしましょう。

アフターケア

  • 施術後にメラニン色素が一気に表面に押し上げられて一時的にシミが濃くなることがあります。これは効果があらわれている証拠です。ターンオーバーや治療の継続によってメラニンは排出されていきます。無理にカサブタを剥がさないようにしましょう。
  • フォトフェイシャル治療期間中は紫外線対策は必要です。
  • 保湿をして肌の再生力を高めましょう。

治療時間

フォトフェイシャルの施術時間は施術範囲によって異なりますが、顔全体の照射で10分程度が目安です。洗顔やクールダウンなどを含めると、20~30分くらいかかります。

治療料金

治療価格は、フォトフェイシャルは2~3万円くらいが一般で、安いところでは一回あたり1万円前後が目安です。キャンペーン価格として大きく割引して行っていることがありますので、その機会に受けてみると良いかもしれません。

治療回数の目安

フォトフェイシャルの施術回数は、シミやニキビの跡は、1か月おきに3~5回くらいの照射が目安です。穏やかに作用する治療であるため、一度でははっきりとは効果を感じることができないかもしれませんが、治療回数を重ねるたびに効果を実感できるはずです。

副作用・注意点

  • IPL治療には照射時に輪ゴムで軽く弾かれたような痛みがあります。麻酔なしで我慢できるレベルです。
  • 個人差がありますが、施術後に肌の乾燥を感じることがあります。
  • 施術前は紫外線対策を行ってください。施術前に強い日焼けをしている場合は治療できないこともあります。
  • 妊娠中の人や日光過敏症などの場合は、治療を受けることが出来ません。
  • 肌荒れ、湿疹、すり傷、切り傷などがある場合など、治療を受けられないケースもあります。
  • 敏感肌やアトピー肌においてはフォトフェイシャルの刺激でかえって肌荒れを起こす可能性があります。