ポラリスが肌老化とニキビ跡クレーターに効果的「副作用と注意点」

ポラリス ポラリスとは、ダイオードレーザー(半導体レーザー)とRF(ラジオ波:高周波エネルギー)を組み合わせた治療器です。

ダイオードレーザーと高周波エネルギーを同時に照射することによって、真皮層の深い層にまで働きかけて線維芽細胞を活性化し、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの増生を促すことができます。

コラーゲンが増生されることでニキビ跡のへこみが改善され、また、皺やたるみなどの肌老化においても高い効果を得られます。ポラリスは、しわやたるみの改善と共にニキビ跡のクレーターを改善したい場合に有効です。

ポラリスは、表面を冷却しながら照射する仕組みであるため、痛みが軽減され、ダウンタイムの心配も抑えられています。

ポラリスの原理

ポラリス 単にダイオードレーザー(半導体レーザー)を照射する場合では、肌へのダメージを抑制するためにエネルギー出力を弱く照射する必要があり、コラーゲン増生などの効果を十分に得ることは難しい欠点がります。

そこでダイオードレーザーと高周波エネルギーと組み合わせて照射することで相乗効果を得られ、皮膚の奥までエネルギーを届けることにより、線維芽細胞を活性化させてコラーゲン増生効果、リフトアップ効果が期待できます。

コラーゲンが増加することでシワやたるみと共にニキビ跡の凹みの改善も期待できます。

線維芽細胞は、真皮層に存在してコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの合成を担う細胞です。

ポラリスの効果まとめ

  • コラーゲンやエラスチンの生成を促し、ニキビ跡のへこみ、皺、たるみが改善される。
  • 高周波エネルギーにより皮膚が引き締まり、皮膚にハリがでる。
  • ポラリスの治療効果は目安として半年~2年ほど持続するといわれています。
  • ポラリスはニキビ跡治療というよりも、ニキビ跡を含む総合的なエイジングケアとして使用され、深いにきび跡治療の場合はあまり効果が得られないかもしれません。
  • しわやたるみなどではなく、ニキビ跡の凹み(陥没瘢痕)のみをピンポイントで治したい場合は、ポラリスなどよりもCO2フラクショナルレーザーやエルビウムヤグレーザー、ダーマローラーなどの皮膚を入れ替える(スキンリプレイスメント)方法が理想的です。

ポラリスの適応症状

  • しわ、たるみ、こじわ、ちりめんじわ。
  • 肌老化、総合的なエイジングケア。
  • ニキビ跡のクレーター状の浅い凹み、陥没瘢痕。
  • 毛穴のたるみ、ひらいた毛穴、キメの乱れ。
  • 脂性肌、オイリー肌、肌質改善。

ポラリスの施術内容とアフターケア

Step1カウンセリングにより肌状態を診断する。

Step2施術前は洗顔、クレンジングによって肌の汚れを落とす。メイクが少しでも残っていたりすると十分な効果が得られません。

Step3皮膚に麻酔クリームを使用して表面麻酔をかける。(30分ほど)

Step4目を保護するためのゴーグル、アイシールドなどを装着する。

Step5ポラリスを照射していく。麻酔をしていても痛み(熱み)を感じます。

Step6施術後は肌を冷やしてクールダウンさせます。

Step7施術後は基本的にお化粧をして帰宅することができます。洗顔やクレンジングが肌に対して負担になるため、施術当日はアイメイクだけの簡単なお化粧で帰宅したほうが良いかもしれません。

アフターケア

  • 施術後はUVケアをしましょう。紫外線はシミや色素沈着、またはその他の様々な肌トラブルの原因です。
  • 施術後は保湿をしっかりと行いましょう。(肌水分量が高くなることで皮膚の再生力が高くなります)。
  • 施術後当日はお風呂、シャワーなどで肌を温める行為は控えましょう。やはり施術後は皮膚が熱をもって火照った状態になっていますので、温める行為は避けるべきです。

治療時間の目安

ポラリスの施術時間は、照射は10~15分程度が目安です。洗顔や麻酔を含めると全体で1時間程度かかります。

治療回数の目安

1~3ヶ月に1回ペースで、5回ほどが目安です。にきび跡の凹みが浅い場合には、1~2回の治療で十分な効果が得られることがあります。

治療料金の目安

ポラリスの治療価格は、顔全体で1回当たり1~3万円程度が目安です。もちろん自由診療で保険は効きません。

副作用と注意点

  • ポラリス照射後に赤みやほてりが出ることがありますが、数時間で治まります。
  • 施術後に顔が赤くなったりすることがあるため、顔を大きく覆うようなマスクを持参すると良いかもしれません。
  • 妊娠中の場合は施術を受けられません。妊娠期は女性ホルモンのバランスが崩れ、肌トラブルが発生しやすくなります。
  • 肌荒れ、湿疹、切り傷、すり傷などがある場合、医師の判断によっては治療を受けられないケースもあります。
  • ポラリスはアトピー肌や敏感肌においては刺激が強く、治療は不向きです。