【画像】高齢者の黒ニキビ「老人性面皰」の原因と治し方

老人性ニキビの画像 老人性面皰(ろうじんせいめんぽう)とは、その名の通り、老人に発生する面皰(小さなにきび)をいいます。主に「黒ニキビ」という状態を指し、男性の高齢者に多いことで知られています。今回は、老人性ニキビの発生原因と治し方をご紹介します。

老人性面皰の原因とは?

老人性ニキビの画像 老人性面皰は加齢によって生じる黒ニキビをいいます。黒ニキビは、毛穴に垢(古い角質)や皮脂汚れが溜まり、酸化して黒く変色したニキビをいいます。単に毛穴に垢(あか)が溜まり、時間が経過した状態ともいえます。

年齢を重ねると皮脂がでなくなることで洗顔料や石けんなどで顔を洗わなくなったりする人も多いです。そういった人ほど老人性の黒ニキビが発生しやすいようです。

老人性ニキビは炎症ニキビになりにくい?

女性看護師の写真 老人性にきびは、単に毛穴に汚れが溜まった「黒にきび」といわれる状態であり、基本的に炎症性のニキビへと発展することはありません。それは、加齢によって皮脂が減少することや、年齢によってターンオーバーが低下しているためです。

ニキビはアクネ菌という細菌が皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生し、その遊離脂肪酸が皮膚を刺激して毛穴が塞がってしまうことで発生します。高齢になると皮脂が少なくなり、同時に皮膚を刺激する遊離脂肪酸も少なくなるため、角化異常を起こして毛穴が塞がってしまうようなことがなくなります。また、高齢になるとターンオーバーも低下します。ターンオーバーが低下すると、毛穴が角質などでふさがれにくくなり、ニキビができにくくなるのです。

炎症したニキビは、アクネ菌という皮膚常在細菌が増加することで発生します。そのアクネ菌は酸素がない環境でしか増加できません。つまり、毛穴が完全に塞がり、酸素がなくなった環境でしかアクネ菌は増加しません。老人性ニキビは毛穴が完全に塞がった状態にならないため炎症を起こすことは基本的にありません。

治療方法

老人ニキビは治療の必要はない?

コメドプッシャーでニキビの芯を押し出す画像 老人性面皰は、単に毛穴に垢(古い角質)や皮脂汚れが溜まった状態であり、一般に炎症を起こしたものではありません。そのため、特に見た目を気にしないのならば積極的な治療をする必要はありません。黒ニキビはコメドプッシャーなどで押し出して芯を出してあげるとキレイになりますが、基本的に肌にダメージを与えないようにすることが基本です。高齢者の肌はデリケートなので、無理に負担を与えないのが理想です。

ディフェリンゲルが老人性ニキビに効く?

ディフェリンゲル(アダパレン)の画像 老人性ニキビはディフェリンゲルで治すことができます。ディフェリンゲルとは、アダパレンを主成分としたゲル状のニキビ治療薬です。アダパレンは、レチノイド(ビタミンA誘導体)と似たナフトエ酸誘導体で、皮膚内のレチノイン酸レセプターに作用することでターンオーバー(角化)を抑えるように働きます。

ニキビの芯は、ほとんどが角質が毛穴の中に溜まって発生するものですが、ディフェリンゲルによってターンオーバーを抑えることでニキビの芯あ(角栓)の発生がなくなり、黒ニキビの解消が期待できます。

ただし、ディフェリンゲルは、皮膚の剥がれ、乾燥、赤みやヒリヒリ感などの副作用が現れやすいのが難点です。また、ディフェリンゲルは使い続けると皮膚が慣れてきて効果が弱くなっていきますので、一時的な対症療法でしかありません。ディフェリンゲルは皮膚科で処方してもらえますが、老人性黒ニキビに対してディフェリンゲルのような塗り薬を積極的に使用する必要はないと思います。

老人性面皰のスキンケア

老人性ニキビは、洗顔を心がけることで改善していきます。黒ニキビは角質や皮脂が混ざったものなので、洗顔によって角質や皮脂を落とすことが黒ニキビ解消のポイントになります。

ただし、高齢者の場合は皮脂分泌が減少していることや、肌細胞を作り出す能力が低下して表皮層も薄くなっていますので、石けんや洗顔料を積極的に使っていると、かえって肌荒れを起こしてしまうことがあります。積極的なスキンケアがかえって肌トラブルの原因となることが多いのです。

高齢になると、「皮脂欠乏性湿疹」や「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)」などの症状を引き起こすことがよくあります。加齢によって皮膚が薄くなり、さらに乾燥をまねくとかゆみを伴った湿疹が起きやすくなります。そのため、過剰なスキンケアは厳禁です。

老人性面皰を押し出す動画(YouTube)

コメドプッシャー(面皰圧出器)という器具を使って老人の黒ニキビの芯を圧出する動画です。毛穴が塞がれていない状態であるため、ニキビを潰すといったことなく押し出すだけでニキビの芯が排出されます。ただし、動画のように炎症のない黒ニキビに対して、器具を強く皮膚に押し付けるようなやり方には疑問があります。