キメが整った肌とはどんな状態?写真で解説

キメが整った肌 肌がキレイな状態を、「キメが整っている」、「キメが細かい肌」などと表現することがあります。

このキメが細かく整った肌というのは、どういう状態をいうのでしょうか?まずは皮膚の構造からみていきましょう。

皮膚表面の構造

皮膚の構造・皮丘と皮溝 皮膚を拡大して見ると網目状の溝があり、全体的には凹凸状になっています。

この皮膚の表面に存在する無数の溝を「皮溝(ひこう)」といい、その皮溝によって盛り上がったように見える部分を「皮丘(ひきゅう)」といいます。

この皮丘は、皮溝の形によって三角状や四角状になっています。

キメが細かく整った状態とは?

キメが整った肌 キメが整った状態とは、皮溝と皮丘がはっきりとしており、一つ一つの皮溝や皮丘が小さくて細かくなっている状態です。

皮溝や皮丘が規則正しく並んでいることで、キレイな肌に見えるようになり、多くの光を反射して透明感のある若々しい肌に見えるようになります。

キメの整った肌はファンデーションなどのお化粧のりも良くなります。

キメが乱れている状態とは?

キメが乱れた肌 肌のキメが乱れた状態とは、皮溝と皮丘の模様が不規則になります。皮溝が浅くなったり、皮溝が拡大した状態になり、肌が荒れているように見えます。

皮溝が拡大するため、しわ・小じわの原因となったり、皮溝と皮溝の間に存在する毛穴がより広がって見えてしまうこともあります。

キメが乱れた肌はファンデーションなどのお化粧のりも悪くなります。拡大した皮溝にファンデーションが落ち込んだりしてムラができてしまうことで凹凸のあるような肌に見えてしまうようになります。

肌のキメは遺伝が関係する?

キレイな肌 肌のキメは遺伝が影響するといわれています。親がモチモチしたキレイな肌をしている場合は、その子供も綺麗な肌であることが多いです。

また、人種においても肌のキメは異なり、一般に日本人の肌はキメが細かいほうだといわれています。

肌がキレイに見えるかどうかは、肌の白さやシミ・色素沈着の有無などによって異なり、一見キレイな肌に見えても、マイクロスコープで拡大して見るとキメが乱れていることもあります。

肌のキメが整うには潤いが重要

女性看護師の画像 キメが整った美しい肌を作り出すには、肌に十分な潤いが必要です。そのため、洗顔後には必ず保湿して肌を乾燥させないようにする必要があります。

特に、毛穴が開いた肌というのは乾燥による影響が大きいといわれ、保湿スキンケアを徹底することで、開いた毛穴をある程度は抑えることができます。

コットンなどに化粧水を含ませた保湿パック(ローションパック)などを日常的に行うことで、潤いのあるキメの整った肌へと導くことができます。

肌の美しいキメを生み出すには細胞間脂質が最も重要

セラミドが十分に存在する肌 肌の水分保持の役割を担う角質には、様々な保湿成分が存在します。

角質の水分を守っている物質には大きく分けて、「皮脂」、「天然保湿因子(NMF)」、「細胞間脂質」の3つがありますが、その中でも細胞間脂質は角質層の約80%の水分保持を担っているといわれています。(皮脂の水分保持能力は実は低いです)。

その細胞間脂質の主成分が「セラミド」です。セラミドは角質細胞どうしをつなぎ合わせてバリア機能を強化し、角質層の水分を維持する働きがあります。

セラミドなどの細胞間脂質は年齢とともに減少していきます。また、生まれつきセラミドが少ない人もいます。肌の乾燥が気になる人はセラミドを化粧品などで外から補ってみると良いと思います。

湿度も重要

加湿 肌のキメは湿度によっても大きく影響されます。一般に湿度が高い地域で生活する人の肌はキメが細かく、反対に乾燥した地域で生活する人の肌はキメが大きく乱れていることが多いといいます。

日本は比較的に湿度が高いためキメが整いやすい環境であるといえます。

ただし、日本でも冬場になると気温も湿度も低下して肌が乾燥するようになります。また、エアコンなどによっても室内は乾燥をまねくこともあります。その場合は、加湿器を上手に利用すると良いと思います。

加湿器を利用する場合、室内の理想の湿度は50~60%が目安です。湿度が高すぎる状態が続くとカビの増殖を促す原因になってしまうため、湿度計を見ながらコントロールしましょう。