スマートサイドドットのニキビ跡治療効果「クレーター」改善に効く理由

スマートサイドドット(CO2フラクショナルレーザー) スマートサイド・ドットとは、CO2フラクショナルレーザーの一つです。CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)を皮膚に対して分散的に照射し、新しい皮膚との入れ替えやコラーゲン増生などを促す治療法です。

フラクショナル(英語:fractional)とは分散的、部分的という意味で、フラクショナルレーザーは、皮膚に対して表面全体的に照射するのではなく、ドット状という分散的な照射により、皮膚に対して意図的にダメージを与え、その皮膚ダメージを回復させるために放出される成長因子(細胞増殖因子)などによって肌の若返りを促すレーザー治療です。

自然治癒力を活用した治療だといえます。

スマートサイド・ドットの作用原理

フラクショナルレーザーの原理 スマートサイドドットは、CO2レーザー(炭酸ガスレーザー)を応用したものです。CO2レーザーは水分に吸収されやすい性質があり、それを皮膚に照射することで肌に含まれる水分に吸収されて皮膚を削ったり、穴をあけたりすることができます。

そのCO2レーザーを皮膚に対して分散的(フラクショナル)に照射していくことで皮膚に点状の穴をあけていきます。すると、その穴を修復するために成長因子(細胞増殖因子)がたくさん放出され、それによって皮膚の入れ替えやコラーゲン増生などが促されます。

ニキビ痕のクレーターの正体は、ニキビの炎症によって皮膚が瘢痕化し、萎縮して陥没した状態ですが、その瘢痕組織を新しい皮膚と入れ替えることでニキビ痕を改善していきます。また、コラーゲン増生も促されるため、皮膚の凹みもしだいに平らになっていきます。皮膚の入れ替えとコラーゲン増生によってニキビ痕の陥没を劇的に改善していくことが可能です。

スマートサイド・ドットは、異なる2つの波形をバランスよく組み合わせることで皮膚に対して十分な蒸散効果があることや、出力、パルス幅(照射時間)、蒸散の形状・大きさ、照射パターンなどを変更することによって、様々な肌の悩みに対してキメの細かい治療を行うことができます。CO2フラクショナルレーザーはいくつかのメーカーから登場していますが、スマートサイドドットを導入している美容クリニックは多いです。

スマートサイド・ドットの効能まとめ

フラクショナルレーザーによるニキビ跡クレーター治療
  • スマートサイドドットの最大の効果は成長因子の放出によって新しい皮膚との入れ替えを促進し、1回の治療で10~20%の入れ替えを促すことです。
  • 成長因子の放出によって線維芽細胞(コラーゲンを作る細胞)を活性化し、コラーゲンやエラスチンなどの増生を促す。線維芽細胞は活性化しにくい細胞ですが、ダメージを与えることで活発になります。
  • スマートサイドドットはニキビ跡の瘢痕組織を入れ替えて正常化するため、ニキビ痕のクレーターが一度改善されたら再発する心配がない。

適応症状

  • ニキビ跡の凹み、クレーター、凹瘢痕。
  • しわ、小じわ、たるみ。
  • 毛穴の開き、帯状毛穴、キメの乱れ。
  • シミ・色素沈着(種類による)。肌のくすみ。
  • 肌質改善、総合的なエイジングケア。
  • セルライト、妊娠線、肉われ。
  • 傷跡(外傷跡、注射跡、リストカット跡など)。

欠点

スマートサイドドットのようなCO2フラクショナルレーザーには大きな欠点があります。それは皮膚を削るときに皮膚に対する熱ダメージが強いことです。この治療は肉眼でも確認できない微細な穴を皮膚に開けるのですが、その一つ一つに熱が大きく発生して、かえって肥厚性瘢痕を起こしたり、色素沈着を起こしたりする可能性があります。スマートサイドドットは肌が強い人で、ケロイド体質ではない人、色素沈着を起こしにくい人に適した治療だといえます。敏感肌や傷が残りやすい人には不向きです。

施術内容とアフターケア、副作用と注意点

治療手順

Step1カウンセリングによって肌状態を診断。また、施術日を決定する。
Step2施術当日、治療前に洗顔、クレンジングで肌の余計な汚れを落とす。
Step3麻酔クリームなどで局所麻酔をかける。30~40分ほど。
Step4麻酔を落とし、アイスパックなどで皮膚を冷やす。(皮膚を冷やすことでさらに痛みが和らぎます)。
Step5スマートサイド・ドットを照射していく。(麻酔をしていても強い痛みを感じることがあります)。
Step6治療後は、美容成分が浸透しやすい状態になっていますので、成長因子、ビタミンC誘導体、プラセンタエキスなどを含んだ美容液の塗布が有効です。
Step7ほてった皮膚を冷やしてクールダウンさせて終了です。
Step8施術後は、お化粧は控えたほうが良いと思います。病院によっては施術後にメイクができるとしているところもありますが、肌に負担をかける行為は控えたほうが無難です。

アフターケア

フラクショナルレーザー後の点状のカサブタの画像
  • スマートサイドドット治療後から数日は、お化粧やマッサージなどの肌に負担をかける行為は控えましょう。
  • 高いレベルで治療を行うほど、赤み、ヒリヒリした痛みやほてりなどのダウンタイムがひどくなります。
  • 治療後から数日間は患部に赤みが出ます。時間の経過とともに落ち着いてきます。
  • 治療後から数日かけて点状のカサブタができるようになります。これを無理に剥がしたりせずに自然に剥がれるのを待ちましょう。
  • 治療後は普段よりもより一層の保湿スキンケアをしましょう。肌の水分量が高くなることで皮膚の再生力がアップします。
  • 施術後は普段よりも特に紫外線対策が必要です。

治療時間の目安

スマートサイドドットの施術時間は、照射は15~20分程度です。洗顔や麻酔、クールダウンなどの時間を含めると1時間以上はかかります。

治療回数の目安

スマートサイドドットの施術回数は、深いにきび痕の凹みの場合は、2~3ヶ月おきに3~5回以上が目安です。浅い凹みの場合は、1~2回の施術で十分なケースがあります。

治療料金の目安

スマートサイドドットの施術費用は、部分的な治療で1~3万円程度が目安です。例えば、頬のクレーター治療の場合では1~2万円くらいが目安です。治療範囲が広くなるほど価格も高くなります。

スマートサイド・ドットの副作用と注意点

  • スマートサイドドットのようなCO2フラクショナルレーザーは高い効果が期待できる反面、ダウンタイムが長くなります。仕事や生活などの時間的に余裕があるときに行うべきです。
  • CO2フラクショナルレーザーは熱の発生が大きく、かえって瘢痕を起こす可能性も否定できません。ケロイド体質の人は治療を慎重に行うべきです。
  • 治療前に日焼けをしたりしないようにしましょう。また、仕事などで紫外線にあたる機会が多い人はこの治療は不向きです。
  • 妊娠中は治療を受けられません。女性ホルモンのバランスの変化によって妊娠期は肌トラブルが起きやすい傾向があります。
  • 湿疹、肌荒れ、皮膚病などがある場合、医師の判断によっては治療を受けられないケースがあります。
  • スマートサイドドットはダメージが強いため、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は受けられません。また皮膚が薄くなる高齢者においても不向きです。