TCAピーリングのニキビ跡クレーター治療効果「副作用と危険性」

TCAピーリング TCAピーリングとは、トリクロロ酢酸(TCA)という成分を使用したケミカルピーリングです。

ケミカルピーリング治療において一般的に使用されるグリコール酸(AHA)やサリチル酸(BHA)などよりもさらに強力に皮膚に作用する性質があり、にきび治療というよりもニキビ痕のクレーター治療として使用されます。

高い効果が期待できる反面、ダウンタイムが強く現れるのが欠点です。

なお、ピーリング(英語:peeling)とは、「剥がす」「剥離する」などの意味がある言葉で、美容やスキンケアにおいては、皮膚の古い角質を剥がしてターンオーバー(新陳代謝)を促進させ、肌細胞の生まれ変わりを促す治療をいいます。

一般的なピーリング成分との違い

ニキビ治療のポイント 皮膚科、美容クリニックなどで行われるケミカルピーリングというと、「グリコール酸(フルーツ酸の一種)」を使用したピーリングや、「サリチル酸(BHA)」をマクロゴールという基剤で組み合わせたサリチル酸マクロゴールピーリングなどが主流です。

それらは主にニキビ治療に用いられますが、ニキビ痕のクレーターを改善するにはあまり高い効果は期待できません。

TCAピーリングでは、トリクロロ酢酸(TCA)という水に良く溶ける強酸性の成分を使用します。TCAは皮膚腐食性があり、真皮層(コラーゲンやエラスチンなどがある層)のような深い層にまで作用を及ぼします。

そのTCAをニキビ痕部分に塗布して意図的に強いダメージを与え、自然治癒力を利用して肌の生まれ変わりやコラーゲン増生などを促し、ニキビ痕のクレーター状に凹んだ皮膚を平らに導きます。

TCAピーリングの効果まとめ

TCAピーリングは真皮層のような皮膚の深い部分にまで作用してダメージを与え、それを修復するための成長因子の放出を促し、それによってコラーゲン増生と新しい皮膚との入れ替えを促します。

適応症状

ニキビ跡のクレーター状の凹み、陥没瘢痕、しわ。

問題点

TCAピーリングはダメージが強い?

ニキビ跡クレーターの画像 濃度にもよりますが、TCAピーリングはピーリング治療としてはニキビ痕に対して高い効果が得られる反面、ダウンタイムが長くなる欠点があります。表皮に対するダメージが強いため、やはり一番多いリスクは色素沈着です。

メラニン色素が表皮層の基底層で作られるためです。専門の知識と経験をもった医師に行ってもらう必要がありますが、それでも深刻な色素沈着が起きてしまうリスクがあります。

そもそも日本人の肌質に合わない?

TCAピーリングは、一般的な日本人の肌質には刺激が強すぎることがあります。日本人の肌質は、欧米人(白人種)と比較して表皮層が薄くて刺激に弱いといった問題があります。

さらに日本人は白人と比べてメラニンが多いため色素沈着が発生しやすい傾向があります。他にも、日本人は欧米人(白人種)よりもケロイド・肥厚性瘢痕になりやすい傾向があります。

欧米ではTCAピーリングがニキビ痕だけではなく、シワ・たるみなどを改善するエイジングケア治療としても行われていたりしますが、欧米人が行うようなレベルで日本人が行うと、かえって様々な肌トラブルをまねくことがあります。

TCAピーリングは現在では時代遅れのニキビ跡治療?

現在では、ニキビ跡のクレーター状の凹みを改善する治療は、TCAピーリングよりも表皮への負担が少なくて色素沈着のリスクが少ない安全な方法がたくさん確立されています。

例えば、エルビウムヤグレーザー、CO2フラクショナルレーザー、ダーマローラー、ダーマスタンプ、ダーマペンなどです。それらは表皮へのダメージを抑えながら、真皮層の入れ替えとコラーゲン増生を促す効果があります。

そのため、TCAピーリングは現在ではニキビ痕のクレーター治療として非常にマイナーな治療法だといえます。

施術内容とアフターケア

Step1カウンセリングによって肌状態を診断する。この時に効果だけではなく、様々なリスクやアフターケアなども十分に説明してもらいましょう。

Step2施術前は洗顔、クレンジングによって肌の汚れを落とす。

Step3アイスパックなどで肌を冷やす。これにより痛み、ヒリヒリ感を抑制できます。

Step4TCA薬剤を塗布する。綿棒などを使ってニキビ跡部分のみに塗布します。ヒリヒリした痛みを感じることがあります。

Step5皮膚を冷やして熱をとります。

Step6施術後はお化粧は控えます。

アフターケア

  • ピーリング治療後から3~4日ほどかけてカサブタができて、1~2週間ほどかけて自然に剥がれていきます。そのかさぶたを無理に剥がしたりしないようにしましょう。
  • 治療後は紫外線対策をしましょう。お化粧や日焼け止めクリームなどを塗ると、それが肌への負担になるため、紫外線そのものを浴びないような工夫が必要です。
  • お化粧は、カサブタが取れて肌が落ちついてからにしましょう。ニキビ痕部分を避けたお化粧が理想です。
  • 色素沈着を起こさないためにカサブタが取れてからハイドロキノンという美白剤の使用が有効です。
  • 治療後は普段よりも一層の保湿スキンケアをしましょう。肌の水分量を高く保持することでダウンタイムが軽減されて回復が早くなります。
  • 治療後は、熱いお湯での洗顔やお風呂などは厳禁です。肌に負担をかけないことが原則です。

治療時間の目安

施術時間は顔全体で20~30分ほどが目安です。

治療回数の目安

TCAピーリングの施術回数は、深いにきび痕の凹みの場合では、3ヶ月おきに2~3回が目安です。効果が期待できる反面、肌に対する負担も大きいため、複数回繰り返す場合は、治療の間隔を3ヶ月以上はあける必要があります。また、基本的に10回、20回と繰り返せるような治療ではありません。2~3回行っても効果が現れない場合は、TCAピーリングは中止しましょう。

治療料金の目安

TCAピーリングの施術費用は、一回あたり5000円~1万円程度が目安です。TCAピーリングはのような美容目的の治療は、保険は適応しません。自由診療です。

TCAピーリングの副作用・注意点

  • TCAピーリングを行った後、カサブタなどのダウンタイムがありますので、生活や仕事に余裕があるときに行うべきです。
  • TCAピーリングは、濃度、使用量、塗布時間などによって大きく作用が違ってきます。
  • 施術に関して危険性や不安を感じたら迷わず施術を受けないようにしましょう。
  • 非常に作用が強い治療法であるため、TCAピーリングを行っている医療機関そのものが少ないです。
  • ケロイド体質の人は治療を受けられません。
  • 妊娠中の人は治療は受けられません。
  • アトピー性皮膚炎や敏感肌、肌荒れなどがある場合は治療を受けられないケースもあります。