超音波クレンジングのニキビ予防効果。毛穴汚れ解消の仕組み

超音波クレンジング にきび・吹き出物、毛穴汚れを解消する美容法の一つに超音波クレンジングという方法があります。超音波クレンジングとは、超音波振動によって毛穴の汚れをかき出し、毛穴つまりを解消する美容法です。ニキビは、角質が厚くなることで毛穴が塞がってしまい、皮脂汚れや角質などが詰まってしまうことで引き起こされますが、超音波クレンジングは毛穴つまりを解消することでニキビを予防します。

超音波クレンジングは、主にエステサロンや一部の皮膚科・美容クリニックで行われていますが、市販されている超音波クレンジング機器を購入すれば自宅でホームケアを行うこともできます。

超音波クレンジングの効果と作用原理

超音波クレンジングが毛穴汚れを落とす仕組みのイラスト 超音波クレンジングは、一秒間に数万回もの超音波振動によって皮膚・毛穴に振動を与えて肌をほぐし、毛穴汚れを落ちやすい状態に導きます。

そして、同時に顔に水分を吹き付け、超音波振動によって水分を細かなミスト状にし、そのミスト化された水分が毛穴の汚れや皮溝の汚れなどと乳化して、古い角質とともに汚れを取り除いていきます。(乳化とは、分離している液状物質を混じり合わせることをいいます)。

毛穴汚れが目立っている場合には、一度の施術で目に見えて効果が実感できます。また、超音波振動によって血行を促進し、ターンオーバー(新陳代謝)を高める作用により、くすみのない明るい肌へと導くことができます。超音波クレンジングは肌への負担がないため、施術後のダウンタイムがないのも利点の一つです。

化粧残りも落ちる

しっかりとクレンジングしたつもりでも、肌にお化粧カスが残ることがあります。それによって毛穴がつまってニキビが発生したりすることがありますが、超音波クレンジングは肌に残った化粧においてもかき出してキレイに落とします。

超音波クレンジングは自分でも行うことができる?

超音波クレンジング機器は、店頭やネット通販などで販売されており、それを購入することで自宅でホームケアすることができます。ただし、自分で行う場合は、以下のことに注意しましょう。

  • ニキビの部分に超音波振動を与えると、かえって炎症がひどくなることがあるため、ニキビを避けて行いましょう。(ニキビは物理的な刺激によって悪化します)。
  • 強くこすったりしないようにしましょう。色素沈着を起こす可能性があります。特に鼻の脇は皮膚が薄くて赤くなりやすいので注意して下さい。
  • 古い角質を剥がす作用があるため、毎日のように行ってはいけません。週に1回などのペースを決めてから行いましょう。
  • アトピー肌や敏感肌などの肌が弱い人は控えたほうが無難です。

施術内容とアフターケア

Step1施術前に洗顔・クレンジングによって肌の余計な汚れを落とします。
Step2肌にスプレーで水分を吹きつけながら超音波振動を当てて汚れをかき出していきます。(水分と皮脂汚れが乳化されて通常の洗顔では落ちない汚れが落ちていきます)。
Step3施術後は肌を整えて終了です。施術後はお化粧をして帰宅することができます。

アフターケア

  • 超音波クレンジングは強い痛みやダウンタイムはありません。
  • 超音波クレンジングはピーリング作用があります。肌が敏感になるため術後は化粧水などで保湿しましょう。
  • 施術後はやや肌が敏感になっていますので紫外線対策も行いましょう。ニキビがある時に紫外線をたくさん浴びると、シミ・色素沈着が悪化するようになるため、普段から紫外線を浴びないように工夫しましょう。

施術時間の目安

超音波クレンジングの施術時間は、顔全体で10分程度が目安です。

施術回数の目安

治療回数は、ニキビが落ち着くまで1~2週間に1度のペースが理想です。定期的に続けて行うと肌のキメが細かくなります。

治療料金の目安

施術費用は、顔全体で1回あたり2000~3000円程度が目安です。超音波クレンジングの単体治療ではなく、ケミカルピーリングやイオン導入、または光治療などの他の施術と組み合わせて行われていることが多いです。

超音波クレンジングの短所や注意点

アドバイスする女性看護師の画像 超音波クレンジングは、肌への負担が少ない施術ですが、肌が弱い人には刺激が強く肌に合わないかもしれません。ケミカルピーリングのように肌を削る作用があるため、肌が薄い人には適していません。施術中に極端に肌が赤くなったりした場合は控えたほうが良いでしょう。

特に、アトピー性皮膚炎、強い日焼け、肌荒れ、切り傷、擦り傷などがある場合は超音波クレンジングは適していません。また、超音波クレンジングは、ニキビ予防や毛穴のつまりを改善する方法であり、すでに炎症したニキビそのものを改善する効果はありません。