【画像】腕ニキビの原因と治し方「前腕・二の腕」の吹き出物対策

腕ニキビの画像 ニキビ・吹き出物は腕(前腕や二の腕)にもできることがあります。腕は皮脂が少ない部分ですが、様々な環境が整うとニキビが多発してしまうこともあります。また、ニキビと似た違う皮膚病である可能性もあります。

腕ニキビは赤みや色素沈着といったにきび跡が長く残りやすい傾向があるため、適切なケアをして素早く症状を抑えたいところです。

今回はその腕のニキビ吹き出物の原因と治し方をまとめました。ぜひ参考にして下さい。

二の腕ニキビ・吹き出物の原因

腕ニキビは角化異常(ターンオーバーの乱れ)が原因?

腕は皮脂腺が発達している部分ではありません。腕は皮脂が少ないことから、ニキビができにくい部分だといえます。ところが、何らかの要因でターンオーバーが乱れると表皮が厚くなって毛穴がふさがり、腕ニキビが多発してしまうこともあります。

肌のターンオーバーが乱れる原因

  • 男性ホルモンの増加。(男性ホルモンには皮脂分泌を促したり、角化異常を起こす作用があります)。
  • 体質的な要因。(体質的に角化異常を起こしやすくて毛穴がつまりやすい人がいるようです)。
  • 肌の乾燥。(乾燥によって未熟な角質が生み出されて角質肥厚を起こすことがあります)。
  • 肌への刺激。ゴシゴシ洗いもターンオーバーを乱します。
  • ストレスはターンオーバーを乱す大きな原因です。
  • 他にも、睡眠不足、バランスの悪い食生活、偏食、ダイエットなども肌のターンオーバーを乱します。

腕ニキビはマラセチアが原因であることが多い?

マラセチア毛包炎の画像 腕ニキビはマラセチア真菌というカビが原因となって発生することが多いといわれます。ニキビと区別してマラセチア毛包炎と診断されることがありますが、厳密に区別するのは難しい場合もあります。

マラセチア真菌はどんな人にも皮膚に生息する皮膚常剤菌の一つで、皮脂や湿気が多い環境で増加する傾向があります。

マラセチア真菌は、アクネ菌(にきび原因菌)と同じように皮脂を分解して遊離脂肪酸を産生します。遊離脂肪酸は時間の経過とともに酸化して刺激性が増大し、皮膚ターンオーバーを乱して毛穴を塞がりやすくします。

それによって腕ニキビ(マラセチア毛包炎)が発生してしまいます。また、マラセチアそのものを異物と判断して免疫反応を起こし、炎症を起こすこともあります。

マラセチア毛包炎は、胸、背中、お腹、腕(二の腕)などに発生しやすいのが特徴です。

マラセチアは真菌(カビ)の一種であるため、一般的なニキビ治療で使用されるお薬では効果が得られません。そのため、腕に赤くて小さなブツブツした発生した場合は一度皮膚科を受診してみると良いでしょう。

マラセチア毛包炎の治し方

  • マラセチアが原因のニキビには、ケトコナゾール(製品名:ニゾラールローション)や、ラノコナゾール(製品名:アスタット)などのイミダゾール系の抗真菌薬の外用薬(塗り薬)が有効です。イミダゾール系の抗真菌薬はマラセチア真菌に良く効きます。皮膚科で処方してもらえます。
  • 治りにくい場合はイトラコナゾール(製品名:イトリゾール)という抗真菌剤の内服薬が用いられることがあります。
  • 真菌(カビ)は皮脂や湿度が高い環境を好むため、常に清潔を心がけましょう。
  • 通気の良い服装・下着を身に着けましょう。
  • ビタミン剤(ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンCなど)の服用も有効です。

腕ニキビやブツブツは毛孔性苔癬が原因の可能性も

二の腕の毛孔性苔癬の画像 上腕(二の腕)に小さなニキビやブツブツができた場合、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という症状である可能性があります。

毛孔性苔癬とは、何らかの要因によって角化異常が発生し、毛穴に角質が溜まってしまう現象をいいます。毛穴に古い角質が充満してしまうため触るとザラザラとしています。

毛孔性苔癬は、多くのケースでは炎症やかゆみはなく、あっても軽度の症状です。まれに症状が進行するとニキビのように赤く炎症を起こすこともあります。

毛孔性苔癬は遺伝性が影響しているといわれます。特に思春期から20代前半にかけて悪化し、30代以降に改善傾向に向かうことが多いです。

毛孔性苔癬の治療方法

毛孔性苔癬は年齢・性別・人種に関わらずありふれた現象であり、見た目を気にしなければ積極的な治療は必要ないとされますが、できるだけキレイにしたい場合は以下のような治し方があります。

  • 尿素配合軟膏。(尿素には保湿作用と角質ケア作用があり、角質による毛穴つまりを予防します)。
  • フルーツ酸(AHA)配合のピーリング剤。(市販のピーリング洗顔料や拭き取り化粧水などでも可能です)。
  • レーザー治療。(レーザーピーリング、フラクショナルレーザーなど)。
  • ダーマローラー。(針が付いたローラーを肌で転がして穴をあけ、傷を治すために放出される成長因子を利用して皮膚の生まれ変わりを促す美容法で、毛孔性苔癬に高い効果があります)。

単にクレンジング料が残っている可能性もある

オイルクレンジング 前腕にニキビ・ブツブツができる場合、クレンジング料(クレンジングオイルなど)が肌に残っている可能性があります。

クレンジングオイルは液状であるため、クレンジングしている時に前腕に流れてくることがよくあり、それをきちんと洗い流さないまま毛穴に残ってニキビ・ブツブツを引き起こしてしまうことがあるようです。

腕ニキビはニキビ跡色素沈着が消えにくい

日焼け肌 腕はターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が遅いため、腕ニキビができると色素沈着や赤みが残りやすい傾向があります。また、前腕は紫外線に当たりやすい部分なので、色素沈着が悪化しやすいといえます。腕ニキビがある時は特に日焼けに注意したいところです。

腕にきびの治し方と治療薬

石鹸でやさしく洗う。ナイロンタオルは厳禁

洗顔料を泡立てる画像 腕ニキビが多発する場合、単にスキンケア不足である場合もあります。刺激性の少ない石鹸をたくさん泡立てて、時間をかけて優しく洗うようにすれば、だんだんとニキビが治っていくことも多いです。

また、角質ケアのためにナイロンタオルなどでゴシゴシ洗いをするのはよくありません。ニキビを悪化させたり、色素沈着を起こす原因になります。

また、ゴシゴシ洗いは肌に対して刺激が強いことから、皮膚を厚くして毛穴を塞ぎやすくする可能性もあります。

腕にきびを潰すと早く治る?

ニキビを潰す画像 顔にできる白にきびの場合は潰してニキビの芯を押し出すことで早く綺麗に治る可能性があります。ただし、腕ニキビはニキビの芯が小さく、潰しても上手にニキビの芯が取れないことも多いです。

また、マラセチア毛包炎などのニキビとは違う症状である可能性もあり、その場合はニキビの芯はありません。

腕は色素沈着などのニキビ跡も残りやすく、炎症が悪化するとしこりになりやすいため、基本的に腕ニキビは潰さずに塗り薬で治していくのが理想的です。

前腕・上腕にきびは市販ニキビ治療薬で治す

オロナイン 市販ニキビ治療薬でも腕ニキビの改善が期待できます。塞がった毛穴内部ではアクネ菌が増加するため、アクネ菌(にきび原因菌)を殺菌する成分や角質柔軟作用がある成分が配合された塗り薬が有効です。

市販のニキビ治療薬は、「オロナイン」などがあります。オロナインの主成分クロルヘキシジングルコン酸塩液は、ニキビだけではなく、マラセチア毛包炎のような真菌(カビ)が原因である皮膚炎にも若干の効果が期待できます。

悪化したら皮膚科で治す

カウンセリング 前腕や二の腕ニキビが悪化したら皮膚科を受診してみるのも一つの方法です。特に腕ニキビが多発した場合や化膿してしまった場合などは皮膚科のもとで素早い治療を受けるのが理想です。

また、単に腕ニキビのように見えてもマラセチア毛包炎や毛孔性苔癬、粉瘤といったニキビとは違う症状である可能性もあります。医師の診断のもとで治療を行えば症状の悪化を最小限に抑えることができるはずです。