ブツブツや毛嚢炎を起こさないアンダーヘア(陰毛)の処理方法とは?

陰部 陰毛・アンダーヘアの長さは平均4~6cmほどの縮れ毛で、男女ともに性器を保護するためや、摩擦による刺激を和らげる役割があるとされます。従来は、女性においてアンダーヘアを処理することは一般的ではありませんでしたが、近年ではワキの処理と同じようにアンダーヘアにおいても処理することが当たり前だという価値観が一般的になってきています。今回はそのアンダーヘアの処理についてです。

陰毛(アンダーヘア)は処理している?(一つ選択)

以下は、以前にこのサイトで行った「アンダーヘアの処理をしているかどうか」のアンケート調査結果です。女性250人が回答していただきました。

脱毛アンケート アンダーヘアの処理
  • 処理している:48%
  • 処理していない:52%

陰毛の処理は、水着になる時だけ処理するといったものではなく、年間を通して日常的に処理している女性が増えているといいます。

陰毛・アンダーヘア処理の目的

見た目をキレイにしたい

アンダーヘアを処理している女性の多くは、見た目をキレイにしたい、単にボリュームを減らしたいという目的で行う人が多いようです。また、Vライン(ビキニライン)、Iライン、Oラインなどの特定部分だけをキレイに処理している人も増えているといいます。レーザー脱毛によって陰部をツルツルにしたいと希望する人も近年では少なくないといいます。

下着や水着からはみ出るのを避けるため

下着から陰毛がはみ出るのが恥ずかしいとして、日常的に処理をしている人も多いようです。レースの薄い下着やTバックのような線の細い下着を普段から身に着けている人ほど、日常的にアンダーヘアの処理をしているようです。また、夏場のような水着を着る時のみにアンダーヘアを処理するという人も多いでしょう。

月経中のおりものや経血による蒸れ防止のため

月経中(生理中)のオリモノや出血によって陰部は衛生的に悪化します。そういった生理期間中でも、できるだけ陰部を衛生的に保つためにアンダーヘアを処理している女性も多いといいます。

陰毛・アンダーヘアの特徴

アンダーヘアのヘアサイクル

ヘアサイクル アンダーヘアは1日あたり0.3ミリ程度、1ヶ月で1センチほど伸びます。これは髪の毛と同じくらいの伸長スピードです。また、アンダーヘアの成長期は6か月~1年ほどで、髪の毛の成長期が男性2~6年、女性4~8年といわれていますので、陰毛は髪の毛と比べると成長期が短く、かなり早い段階で抜け落ちていきます。

陰部の皮膚はデリケート

陰部は身体の中でも非常にデリケートでトラブルが起きやすいパーツです。位置的に蒸れやすいところであり、雑菌が増殖しやすい環境が揃っています。そのため、毛嚢炎などの炎症が起きやすいといえます。また、陰部は炎症を起こすと色素沈着として長く残りやすい傾向があります。そのため、ムダ毛処理前は肌を清潔に保ってから行うようにしましょう。

陰部・ビキニラインは毛嚢炎(毛膿炎)が起きやすい?

ムダ毛処理後の毛嚢炎 毛嚢炎(毛膿炎)とは、毛包(毛穴内部)の毛包壁が傷つき、そこからブドウ球菌などの細菌が感染することで引き起こされる皮膚感染症です。ニキビのような赤くブツブツとした炎症が起きますがニキビとは違う症状です。カミソリや毛抜きなどによって毛包が傷つくと毛嚢炎を起こす可能性が高くなります。

毛嚢炎はニキビのような皮脂汚れ(にきびの芯)を持っていないので、ほとんどの場合では炎症も数日で治まります。ただし、まれに炎症が悪化し、場合によっては化膿してしまうこともあります。陰部はメラニンが多く色素沈着を起こしやすいので、ちょっとした炎症でも皮膚が黒ずんでしまうことが難点です。

アンダーヘアの処理方法のポイント

カミソリ

カミソリによる毛嚢炎 女性誌のアンケート調査において、アンダーへアの処理方法にカミソリを使っている人が多いといいます。カミソリを使った方法は、逆剃りや深剃りを避け、毛の流れに向かって上手に使用すれば、トラブルもなく処理できると思います。深剃りや逆剃りをすると毛穴内部が傷ついて毛嚢炎を起こすリスクが高くなります。

一般にアンダーヘアは太く、そのぶん毛球も大きくなるため、その毛球によって皮膚がボコボコしています。そのため、カミソリを使用する場合、深く剃ろうとすると皮膚を傷つけてしまう可能性が高くなります。

毛抜き

アンダーヘアを毛抜きを使って処理している人もいるようです。根元から引っこ抜く処理方法であるため、上手くいけばとてもキレイな仕上がりになります。また、再び生えてくるまでの時間稼ぎになります。毛抜きの場合は、カミソリで処理した後のようなチクチク感もありません。

ただし、陰毛は毛球部がとても大きく皮膚としっかりつながっているため、それを無理に抜いたりすると、毛根部へのダメージが非常に強いものになります。毛包が傷つくと毛嚢炎(毛膿炎)などの細菌感染による炎症を起こす可能性があります。陰部は蒸れやすくて雑菌が多く、色素沈着を起こしやすい部分なので、毛抜きのようなダメージが強いムダ毛処理を頻繁に行うのは控えたほうが良いと思います。

レーザー脱毛による永久脱毛(永久減毛)

アンダーヘアのレーザー脱毛 アンダーヘアはレーザー脱毛を行うことができます。Vライン(ビキニライン)、Iライン(膣周辺)、Oライン(肛門周辺)など、部分にレーザー脱毛を行うこともできますし、アンダーヘアをツルツルな状態にすることもできます。

アンダーヘアのレーザー脱毛の欠点は、非常に痛みが強いことです。毛が太いため、レーザーが良く吸収され、表面麻酔をしていても強い痛みを伴います。また、IラインやOラインは色素(メラニン)が多いことからレーザーが皮膚に吸収されやすく、色素沈着を起こす可能性があります。毛に含まれるメラニンに反応して毛根を破壊するほどの強いエネルギーで照射しますので、皮膚にもメラニンが多いほど強い影響が現れます。レーザーによって炎症が起きてしまえば、かえって色素沈着が濃くなることがあるため、陰部の皮膚の黒ずみが濃い人はレーザー脱毛は難しいかもしれません。

陰部のレーザー脱毛に対して女性が抵抗感を持つ理由の一つが、医師に陰部や肛門部分を見せないといけないことです。これがネックとなって陰部のレーザー脱毛を躊躇する女性は多いとされます。ただし、近年は女性皮膚科医がレーザー脱毛を行っているクリニックが増えていますので、そういった病院で行ってもらうと抵抗感も少ないかもしれません。

絶縁針脱毛

針を使ったニキビ跡治療 絶縁針脱毛とは、皮膚と接触しない仕様の「絶縁針」という電気針を毛包に挿入して電気を流し、その電気熱によって毛根を破壊する永久脱毛法です。一瞬で高出力の電流を流すため、ほぼ確実に永久脱毛効果を得ることができます。陰部のようなメラニンが多い部分ではレーザー脱毛が難しことがありますが、絶縁針脱毛では皮膚のメラニン量に関わらず施術できます。

ただし、この絶縁針脱毛法は痛みが強くトラブルも多い施術です。局所麻酔をしても痛みが強く、さらにヤケドやブツブツ、毛嚢炎を起こしやすいとされます。

家庭用レーザー脱毛器

アンダーヘアに対して家庭用レーザー脱毛器を使用している女性は少なくないといいます。家庭用レーザー脱毛器は皮膚科・クリニックなどの医療機関で行われるような医療レーザー脱毛器ほどの劇的な効果はありませんが、とても穏やかに毛根に作用して、繰り返し使い続けることで減毛効果があるとされます。

ただし、家庭用レーザー脱毛器はあまりにも出力エネルギーが弱いため、永久的な減毛効果を得るには難しいとされます。毛球や毛乳頭などが存在する毛根部を破壊するには、最低でも70度以上の熱を与えて損傷させる必要があります。家庭用レーザー脱毛器にはそういったパワーはなく、特に陰毛のような再生力が高い毛に対して減毛効果を得るにはやはり無理があるかもしれません。