ベシカムクリームがニキビのかゆみや痛みを治す。その効果と副作用

ベシカムクリームと軟膏の画像 ニキビの炎症やかゆみ、赤みなどを改善したい場合、ベシカムクリーム5%という塗り薬が効果的なケースがあります。

ベシカムクリームは非ステロイド系の抗炎症薬で、炎症性の皮膚疾患に効果を発揮します。

主に湿疹、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、酒さ様皮膚炎、口囲皮膚炎、日焼け治療などに使用されるお薬ですが、ニキビにおいても症状によってはベシカムクリームが有効なケースがあります。

ここでは、ベシカムクリームによるニキビ治療効果や副作用をご紹介します。

ベシカムクリームの効果・効能

ヒスタミンによるニキビの炎症の仕組み ベシカムクリームの主成分「イブプロフェンピコノール」は、非ステロイド系の消炎薬です。

主な作用は、炎症の原因となるプロスタグランジンという物質の合成を阻害して炎症、赤み、かゆみ、痛みなど和らげる働きがあります。

炎症が抑制されることで、ヒスタミン、ブラジキニン、ロイコトリエン、サブスタンスPなどのプロスタグランジン以外の炎症を誘発・悪化させる物質の発生も抑えられ、皮膚病変の改善に好循環をもたらします。

デメリット

ベシカムクリームの抗炎症作用はストロングレベルのステロイドよりも劣ります。消炎作用でいうと弱いレベルのステロイド薬程度で、緩やかな効果しか期待できません。そのため、比較的軽度の皮膚炎に有効です。

適応症状

女性看護師の画像 ベシカムクリームは、急性湿疹、慢性湿疹、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、酒さ様皮膚炎、口囲皮膚炎、脂漏性皮膚炎、帯状疱疹などに使用されることが多いです。

アトピー性皮膚炎においてステロイドを避けるために代わりにベシカムが使用されることが多いです。その場合は軟膏タイプが理想です。また、強い日焼け後にもベシカム軟膏が効果を発揮します。

他にも、皮膚の炎症性の疾患であればベシカムクリームによる改善が期待できます。ひどい副作用がないため、様々な症状に使いやすい利点があります。

ニキビに効く?

赤ニキビの画像 ベシカムクリームはニキビにも効果的です。ニキビが炎症を起こすと、様々な炎症性物質が発生し、それがニキビを悪化させてしまうようになります。その炎症を悪化させる物質の一つがプロスタグランジンです。

ベシカムクリームはプロスタグランジンの合成を抑制してニキビの炎症を治します。ニキビの炎症を素早く抑えることで、ニキビ跡の赤みや色素沈着などの予防にもつながります。また、クレーターの予防にもなります。

かゆいニキビや痛いニキビに有効

一般にニキビ治療というと、皮膚科ではベピオゲルやダラシンTゲル、アクアチムクリーム、イオウカンフルローション、ディフェリンゲルなどの治療薬が使用され、ベシカムクリームはにきび治療に対して使用されることは少ないです。

ところが、ニキビにかゆみや痛みがある場合は、ベシカムクリームによる改善が期待できます。

特に、かゆみを伴ったニキビは殺菌成分と共にベシカムクリームのような抗炎症作用があるお薬を組み合わせて使ったほうがより早く治る可能性があります。

使い方と注意点

薬を塗る画像 ベシカムの使い方は、1日2~3回の使用回数で、洗顔後の清潔な肌に使用します。化粧水などで肌を整えた後に、ニキビや湿疹がある部分に適量薄く塗って下さい。そして、日中は紫外線を浴びないようにしましょう。

購入するには?

薬剤師が薬を処方する画像 ベシカムクリームは、皮膚科などで処方してもらうことができます。ニキビ治療の場合、にきびにかゆみがあると伝えたり、消炎薬がほしいと伝えれば、このお薬が使用されることがあります。

お医者さんに処方箋をもらって薬局で購入して下さい。保険適応です。また、スタデルムクリームというベシカムクリームと同じ成分の塗り薬が処方されることがあるかもしれません。

薬の形状

ベシカムクリームと軟膏の画像 ベシカムクリーム5%とベシカム軟膏5%の2種類があります。ニキビや脂漏性皮膚炎にはサラッとした使用感のクリームタイプが理想です。

ベシカムクリームの全成分

以下は、ベシカムクリームの主成分と添加物の全成分と、その性質です。

  • イブプロフェンピコノール・・・ベシカムクリームの主成分。1g中に50mg含有。炎症をもたらすプロスタグランジンを抑制する。
  • エデト酸ナトリウム水和物・・・品質の劣化を防ぐ成分。
  • 感光素201号・・・ピオニンとも呼ばれる。優れた抗菌作用がある。
  • ジブチルヒドロキシトルエン・・・酸化防止作用がある成分。製品安定剤です。
  • ジメチルポリシロキサン・・・シリコンの一種。品質を安定させるために配合される。
  • セトステアリルアルコール・・・乳化剤。
  • 白色ワセリン・・・基剤。保湿・保護剤。
  • パラオキシ安息香酸メチル・・・防腐剤。パラベンの一つ。
  • ポリオキシエチレンベヘニルエーテル・・・乳化剤。
  • ミリスチン酸イソプロピル・・・油性基剤。
  • モノステアリン酸グリセリン・・・乳化剤。
  • クリームタイプは乳化剤が多く含まれています。ニキビ治療の場合はサラっと使えるクリームタイプが理想ですが、肌が弱い人は軟膏タイプのベシカム軟膏が理想です。

    保管方法

    ベシカムクリームは、キャップをしっかり締めて冷暗所に保管します。直射日光があたるところや温度が高くなるところに保管しないようにしましょう。特に冷蔵庫に保管する必要はありません。

    副作用と注意点

    女性医師によるカウンセリングの写真 ベシカムクリームは非ステロイド系の消炎剤です。ステロイドではありません。そのため、ステロイドの副作用を心配することなく使用できるメリットがあります。

    危険性がほとんどなく安全性が高いお薬ですが、まれにベシカムクリームを塗った後すぐに一時的にヒリヒリ感や熱感などの刺激を感じることがあります。

    ただし、それらの現象は多くのケースでは一時的なものであり、時間の経過とともに消失するため心配する必要はありません。

    そして、肌が弱い人は薬剤によって接触皮膚炎(かぶれ)を起こす可能性があります。赤みが続いたり、ヒリヒリ感が強い場合は、お薬を中止したほうがいいかもしれません。

    また、アレルギー体質の場合はベシカムクリームを塗った後にかゆみが現れ、炎症が悪化してしまうことがあります。かゆみが強い場合はアレルギー性の接触皮膚炎を起こしている可能性があるため必ず使用中止してください。

    例えばニキビにかゆみが現れると、炎症が悪化して赤みや色素沈着、またはクレーターなどのニキビ跡もひどくなってしまいます。特にかゆみには注意して下さい。