絶縁針脱毛でワキガが治る?「アポクリン汗腺」と電気針脱毛について

針を使った脱毛 絶縁針脱毛とは、皮膚と接触しないように作られた電気針(絶縁針)を使用して、毛根を破壊する脱毛法です。この方法は、レーザー脱毛とは違ってしっかりと毛根にダメージを与えることでほぼ確実に永久脱毛効果を実現できるメリットがありますが、そのほかにもワキガを改善する方法があるといわれています。

ワキガの原因とは?

ワキガの原因は「汗」によるものです。その汗を分泌する汗腺には、「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類に分けられ、その2種類の汗腺は違う性質をもっています。

エクリン腺
エクリン腺とアポクリン腺 エクリン腺は、皮膚のほぼ全身にわたって存在している汗腺です。特に、頭、顔、胸元、背中などに多く発達していることで知られています。ここから分泌される汗は、肌の表面にある汗孔(かんこう)という穴から排出され、ごくわずかな塩分やカリウム以外のほとんどが弱酸性の水分で構成されます。一般に人間の汗というと大半がエクリン汗腺から分泌されています。

アポクリン腺
アポクリン腺とは、身体の中で部分的に存在する汗腺です。エクリン腺のように全身にわたって存在しているのではなく、主にワキの下、耳、乳輪、陰部に存在しています。アポクリン腺から出る分泌物(汗)は、70~80%がやや白色がかったアルカリ性の水分で、水分以外にはたんぱく質、脂質、アンモニアなどが含まれます。そして、アポクリン腺は毛穴と直接つながっており、皮脂などと共に表面に排出されます。

ワキガはアポクリン腺が原因?

ワキガの原因は、アポクリン腺から分泌される汗に含まれるたんぱく質や脂質、アンモニアなどを皮膚の常在菌が分解することで、悪臭を放つようになることが要因です。アポクリン汗腺による匂い(体臭)、つまりワキガの臭いとは、元々は動物の「フェロモン」としての役割があるとされ、人類の進化の過程で減少し、最終的に身体の一部分に残ったものだとされています。

絶縁針脱毛とワキガの改善について

絶縁針脱毛はアポクリン腺を破壊する?

絶縁針脱毛 絶縁針脱毛は、毛穴の内部(毛包)に電気針(絶縁針)を刺して電流を流し、毛根の毛球部にある毛乳頭などの発毛に関与する組織を破壊します。

電気の熱ダメージによって永久脱毛(完全脱毛)を実現することができるのですが、アポクリン腺は毛穴とつながっているため、電気を流す時に毛根だけではなく、アポクリン腺にもダメージを与えて機能を破壊することができる可能性があります。アポクリン腺がダメージを受けることで汗の分泌が減少し、ワキガが改善するというものです。

実際に、例えばワキに対して絶縁針脱毛をした場合、明確にワキガが改善したというケースも多いです。

レーザー脱毛ではアポクリン腺を破壊できない?

ワキのレーザー脱毛 レーザー脱毛とは、メラニンなどの黒い色素に反応するレーザーを使用して、毛根を破壊する脱毛法です。毛にはメラニン色素が含まれており、メラニンに吸収されるレーザーによって毛根に瞬間的な熱エネルギーを与え、毛根にダメージを与えて発毛機能を阻害します。

レーザー脱毛のレーザー光線は黒い部分に反応するため、アポクリン腺のような部分には全く反応しません。そのため、レーザー脱毛ではアポクリン腺そのものの機能を抑制することは不可能です。つまり、レーザー脱毛ではワキガには効果がないということです。

反対にいえば、レーザー脱毛は黒い部分にしか吸収されないことから、毛以外の皮膚の正常な部分にはダメージが抑制されるメリットがあります。そのため、レーザー脱毛が広く用いられるようになったのです。